合意分割の期間に3号分割が含まれるときは?

婚姻中の夫婦の働き方はそれぞれなので、合意分割の対象になる厚生年金(共済年金)の年金記録(標準報酬額)は、必ずしも連続していません。

そして、3号分割の対象期間(国民年金の第3号被保険者になっていた期間=扶養されていた期間)が、婚姻期間の一部だけということもあります。

例えば、結婚当初は夫婦が共に会社員で、出産時に退職した妻が夫の扶養となって育児を行い、子供の成長後に職場復帰したとしましょう。

このとき、妻は会社員(第2号被保険者)→会社員の被扶養配偶者(第3号被保険者)→職場復帰して会社員(第2号被保険者)となります。

このように、婚姻期間中に3号分割の期間が一部だけ存在している場合は、どのように年金分割されるのでしょうか?

3号分割は合意分割の前に行われる

年金分割の請求(標準報酬の改定請求)を年金事務所や共済組合に行うとき、3号分割の請求が無くても、合意分割の請求があれば3号分割の請求があったとみなされます。

3号分割の対象期間しか無いとき

婚姻期間中の全てが3号分割の対象期間なら、そもそも合意分割する必要はありません。第2号被保険者(扶養している側)の年金記録は、第3号被保険者(扶養されていた側)と折半されます。

3号分割の対象期間が一部であるとき

3号分割の対象期間が一部ということは、合意分割できる期間と3号分割できる期間が混在しています。この場合は、先に3号分割を行った結果に対し、請求のあった按分割合となるよう全期間でさらに分割されます。

3号分割の対象期間が無いとき

婚姻期間中に一度も第3号被保険者の対象期間がなければ、婚姻期間の全体を請求のあった按分割合で分割するだけです。

3号分割が含まれていても合意分割の結果は同じ

3号分割の対象期間が一部含まれていても、3号分割を先にしてから合意分割するので、結局は合意分割で請求した按分割合に落ち着きます。

ただし、合意分割で請求できる按分割合の範囲が変わるのと、標準報酬額の積み上がり方が少し違うので、モデルケースを使って見ていきましょう。

【モデルケース】

  • 婚姻期間は10年間、平成20年4月1日以降
  • 夫は10年間勤務、標準報酬総額は3,600万円
  • 妻の標準報酬総額は1,200万円
  • 夫婦の合計標準報酬総額は4,800万円(夫75%・妻25%)
  • 按分割合は妻に46%で合意した
  • ケース1:妻は6年目から夫の扶養になる(6年目以降は3号分割)
  • ケース2:妻も10年間勤務(婚姻期間全体を合意分割)

ケース1:3号分割が含まれる場合

3号分割を含む年金分割-1

上図のように、妻は6年目から第3号被保険者(夫の扶養)なので、先に6年目から離婚までの60か月を3号分割します。夫の標準報酬から、900万円(1,800万円の1/2)が妻に移されます。

3号分割を含む年金分割-2

3号分割したことで、夫と妻の標準報酬総額が次のように変わりました。

夫:3,600万円-900万円=2,700万円(4,800万円の56.25%)
妻:1,200万円+900万円=2,100万円(4,800万円の43.75%)

この結果に対して全体を合意分割するため、按分割合の範囲は43.75%を超え50%以下です(標準報酬総額の少ない妻が下限の基準)。

合意した按分割合は妻に46%ですが、4,800万円×46%=2,208万円となり、妻は108万円足りません(夫が108万円多い)。

そこで、不足する108万円を、全期間の夫の標準報酬から妻に移します。そのために算定するのが改定率です。

改定率=108万円÷夫の標準報酬総額2,700万円=0.04=4%

改定率4%を用いて、夫の標準報酬から妻へ108万円移します。

3号分割を含む年金分割-3

合意分割が完了したところです。3号分割された期間も含め、全体から標準報酬が移されていることに注意してください。

3号分割を含む年金分割-4

結果を確認してみましょう。

夫:1,728万円+864万円=2,592万円(4,800万円の54%)
妻:1,272万円+936万円=2,208万円(4,800万円の46%)

按分割合のとおりに合意分割できました。

3号分割が含まれていない場合

3号分割が含まれていない場合は、そのまま全体を合意分割します。

夫と妻の標準報酬総額の割合は、夫3,600万円÷4,800万円=75%、妻1,200万円÷4,800万円=25%ですから、按分割合の範囲は25%を超え50%以下となります(標準報酬総額の少ない妻が下限の基準)。

3号分割を含まない年金分割-1

標準報酬総額が1,200万円の妻を、合意した按分割合の46%(4,800万円×46%=2,208万円)とするには1,008万円足りません。

改定率=1,008万円×夫の標準報酬総額3,600万円=0.28=28%

改定率28%を用いて、全期間の夫の標準報酬から妻へ1,008万円移します。

3号分割を含まない年金分割-2

合意分割が完了しました。3号分割を含まないので簡単ですね。

3号分割を含まない年金分割-3

夫:3,600万円-1,008万円=2,592万円(4,800万円の54%)
妻:1,200万円+1,008万円=2,208万円(4,800万円の46%)

こちらも按分割合のとおりに合意分割できました。

按分割合が分割可能な範囲内であれば、3号分割が含まれていても含まれていなくても、結果は変わらないとわかります。

合意分割の按分割合は必ず情報通知書で確認

婚姻期間中に3号分割の期間が含まれているとき、年金分割のための情報通知書には、3号分割をした後における按分割合の範囲が記載されています。

この点は、どちらの年金が多くなるのか確認する上で非常に重要です。

標準報酬総額の計算は複雑ですし、ましてや3号分割を踏まえた結果、どちらの年金額が多くなるのかまで正確に知るのは困難だからです。

唯一、按分割合を50%にする合意分割だけは、自分が多い側でも少ない側でも50%で年金分割されるため、事前に考えなくても済みます。

しかし、自分が少ないときだけ年金分割したいのなら、年金分割のための情報通知書を必ず確認しておくべきでしょう。

ちなみに、家庭裁判所手続(年金分割調停・審判、離婚前なら離婚調停・離婚訴訟)では、按分割合を50%として決められるのがほとんどです。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 1