氏と名の制度

常に意識して使われる氏と名は、日常生活において切り離すことができません。ところが、氏も名も人生において変わる又は変えることができ、個人に固有とも言えない性質を持っています。

多くの人において、氏名は婚姻や離婚で氏が変わる程度で、事情がなければ名を変えることは少ないでしょう。親から授かった名は、幼少の頃は好まなくても、使い続けていくうちに他の名が考えられなくなっていきます。

氏と名の制度を知っていても、必ず役に立つものではないですが、日常に結びつくだけに知っておいて損はない知識です。

氏の制度


※このページは書きかけです。今後記事が追加されます。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0