調停とは?どんな意味で何をするのか知ろう

調停という言葉を聞いたことがない人にとっては、何のことやらさっぱりわからない調停ですが、裁判という言葉なら聞いたことはあるでしょう。

テレビドラマで良く見るのは、原告側と被告側に分かれて、検察官と弁護士が何やら主張(弁論)を繰り返し、最後は裁判官が判決を出すパターンです。

普通は裁判所と聞けば、「裁判を行う場所」と誰でも返ってきます。しかし、裁判と同じく裁判所で行う調停は、裁判と全く異なる手続になっています。

詳しくはこれから説明していくのですが、どのくらい違うか1つ取り上げると、裁判で下される判決が調停にはありません。なぜなら、裁判と違って調停は人を裁くために設けられた制度ではないからです。

じゃあ何をする?となるわけで、それをこれから説明していきます。

調停は話合いの延長

裁判(訴訟)というのは、当事者間での争いごとを、裁判所の判決にゆだねて法的なトラブルを解決する方法です。調停の場合、同じ裁判所で行う手続であっても、その趣旨が全く異なり、話合いによる解決を目的としています。

当事者同士では話し合えないから裁判所を頼るのに、なぜ裁判所で話合い?

と思ってしまうのも無理はありません。実際にも、調停を利用しようとする人は、相手と深刻な争いになっているので、今さら何を…と感じてしまうでしょう。

ところが、調停には当人同士では実現できない優れた機能があり、それは調停委員という第三者が間に入ることです。一般に何かトラブルが起きると、間に入って仲裁する人が現れるのは良くありますよね。

しかし、仲裁だけならわざわざ裁判所が関与しなくても、誰か呼んで仲裁してもらえばいいのです。調停が優れているのは、裁判所で開かれる手続だから成り立つ、

「話合いで決まった内容は、裁判所が書面に残すのできちんと守りなさい」

とできる点にあります。

調停で決まったのに守らないと…

誰かの仲裁で何か約束事を決めても、本人が守ってくれなければ何の意味もなくなります。ところが、調停で決まった約束事は守らないと大変です。

裁判所が間に入って決めているので、例えば支払いの約束を守らないと、場合によっては財産の差し押さえすらできるほど強力になっているのです。

調停で決まったことを守らないとどうなる?

このあたりの話は、もう少し調停を理解してからになるので、後からでも参考までに読んでもらえればと思います。

調停では相手と直接話し合わない

トラブルになって解決したいけど、相手に連絡もしたくないし顔も会わせたくない…そんなことは、日常のトラブルでも普通にあります。

感情的にならないように努めても、どうしたって顔を合わせれば喧嘩になり、結局何も変わらずにイライラすることも多いでしょう。そもそも、直接話し合って解決できるなら調停は必要なく、調停は基本的に当事者が直接話し合いません。

そこで、お互いの主張を聞いて相手に伝え、どうしたらいいのか一緒に考える、いわば「調整役」のような存在が必要になります。調停でこの役どころをするのは、調停委員という非常勤の裁判所職員です。

調停委員は第三者という公平な立場から、当事者双方の言い分を聞き、解決に向けての妥協点を探りながら、時には争いを解決していくために提案も行います。

調停委員について知りたければ、以下を参考にしてみてください。

調停委員とは?詳しく知っておくべきです

調停は本人の同意が絶対的

調停が裁判所で開かれることから、多くの人が誤解しているのは、調停で裁判所に何か決められてしまうという心配です。もしくはその逆で、裁判所に何か決めてもらいたいと思っているのかもしれませんね。

しかし、調停で何かを決めるのは常に本人です。

調停委員が言うことに強制力はなく、本人の意思確認がされた上で全てが決められます。本人の同意なしに、調停で何かが決められることは絶対にありません。

考えるまでもないですが、調停は問題を抱えて悩む当事者のために開かれるものですから、どうしても譲れないこと(それは相手の希望かもしれない)を調停委員に言われたら、納得できないと突っぱねて全然問題ないのです。

しかし、お互いに譲らなければ、何も進展がなく調停が終わり元に戻ってしまうので、できるだけ落とし所を見つけて解決していくべきでしょう。

そのための手助けとして、争いの一部だけでも解決できるように、調停委員が客観的な立場からアドバイスをしてくれます。

日本の調停制度は注目されている

戦国時代ならともかく、日本人は何かと穏便に済ませたがる民族で、それは長い歴史の中で培われた国民の気質とも言えます。

とにかく裁判で白黒をはっきりさせて、勝った負けたの結果を求めがちな諸外国に比べ、日本の調停制度は平和的な解決を図るために設けられています。

しかも、大正時代からの長きにわたって紛争の解決に利用され、今もなお有効に機能している実績は、諸外国からも視察に訪れるほどです。

争いの当事者は、ともすると相手に激しい憎悪を持っているため、

「社会的にも精神的にもダメージを与えるために、とにかく裁判で負かしてやりたい。これはお金の問題じゃないんだ!」

という人もいるでしょう。

それなら裁判にすれば良いだけです。ほとんどの人は、「裁判してまで…」や「裁判はお金がかかるし…」と思うのではないでしょうか。

本人同士の話合いと裁判の中間的な位置にある調停は、争いの解決を裁判に頼るしかない不便さを緩和しています。

調停は非公開で開かれる

裁判では、良くテレビで「傍聴の抽選に○人が集まりました」と報じられるように、原則的には公開で行われます(一部の裁判では非公開の当事者尋問もあります)。

ですが、人には言えない秘密が誰にでもあります。そして、その秘密がトラブルの元になっていたりするのも、感情で生きる人間では普通です。

調停は最初から最後まで、全て非公開で行われ、間に入る調停委員にも守秘義務が課せられます。つまり、家族や知人に話しにくいことでも、第三者の調停委員に話すことで、問題解決の糸口になるかもしれません。

裁判はお金もかかりますし、裁判という大それたことをするのが嫌でも、そのままでは困るとき調停はとても有効です。非公開なので、プライベートな問題を裁判で公にしたくない場合にも、調停を活用する動機になるでしょう。

時間的・費用的に負担の大きい裁判よりも、調停という制度を利用することができる環境にあるのは、日本人にとってはメリットが大きいと言えます。

まとめ

  • 調停は裁判所で話合いをするための制度
  • 調停で決まったら守らなければならない(重要)
  • 調停委員が間に入り当事者は直接話さない
  • 調停で決めるのは本人
  • 調停は非公開で安心

裁判所手続なので手軽にとは言いませんが、調停は面倒な手続も必要なく利用できるので、何かトラブルになっているなら調停を考えてみましょう。

具体的に調停がどのような流れで進むかは、「調停の流れ」で説明していますので確認してみてください。

  • 10
  • 2
  • 0
  • 0
  • 1