財産分与請求調停

婚姻中における夫婦で形成した財産は、離婚時に清算されるべき財産であり、夫婦の一方に帰属するものではありません。しかし、財産分与は金品や資産に直接関わるだけに、離婚時は夫婦のどちらも譲らず激しい争いになりがちです。

離婚後に財産分与で争いがあるときは、財産分与請求調停を家庭裁判所に申し立てることができますが、離婚前に離婚を前提とした財産分与の話合いをするときは、離婚調停を利用しますので注意してください。

財産分与に対する基礎知識を深める

財産分与の対象になる財産や、財産分与の方法など、基礎知識を深めておかないと、財産分与の争いには勝てません。財産分与における財産の扱いを知っておくことで、不当な請求に対抗できる根拠を持つことができます。

財産別の分与方法

財産分与の対象になるそれぞれの財産について個別に説明しています。

財産分与請求調停の申立て

財産分与は対象が広いので、申立てでも多くの書類を必要とします。

財産分与と税金

財産分与でかかる税金は、分与する側と分与される側で異なります。税金の発生は、単純に資産の減少に繋がるため、税金を抑える財産分与を心掛けたいものです。

※今後追加されます。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0