年金分割で自動的に年金が半分になるの?

非常に多い年金分割への誤解は、自分の年金が半分取られる、または相手の年金の半分がもらえると思っていることです。

はっきり言えるのは、年金分割をしても年金の半分が相手に移るわけではなく、国民年金(老齢基礎年金)は全く分割されません。

国民年金は分割されないので、最初から国民年金しか納付していなければ、全年金の半分どころか何も分割されないのです。しかも、年金は「受給するときに」分割の効果が出るので、現在受給している人を除き将来の話です。

また、年金分割は離婚したからといって自動的に行われるのではなく、離婚から2年の間に年金事務所へ申請が必要です。

年金が自動的に半分取られる、もらえると思っているなら勘違いしているので、年金分割の基本的な仕組みだけでもおさらいしてみましょう。

年金についてはあえて説明するほどでもないですが、一定の年齢に達するまでに納めた年金保険料によって、老後に納付額以上で受け取ることができる制度です。 公的な年金制度には3つの種類があり、次のよう...

年金分割でとても多い勘違いが、年金が現金で配偶者に分割されると思ってしまうことです。年金分割で分割されるのは、実際に受給する年金でも、配偶者が将来受給する年金への請求権でもありません。 また、...

年金分割の対象は厚生年金と共済年金

年金分割制度を利用しても、分割されるのは「婚姻中」に納付した厚生年金または共済年金だけです。厚生年金や共済年金に加入履歴があっても、婚姻前の加入部分や離婚後の加入部分については、年金分割で相手に分割されることはありません。

国民全員が等しく加入する国民年金とは別に、上乗せされる形で厚生年金や共済年金が存在します。そうすると、厚生年金や共済年金に加入していた人だけ年金が多くなるので、同程度の収入がある夫婦以外は必ず離婚で年金格差が生まれます。

この点を是正するため、夫婦が婚姻中に納付した厚生年金や共済年金は、夫婦で納付したと考えて夫婦で分けることもできるとしたのが年金分割の制度です。分ける必要がないのなら年金分割も不要で、それは夫婦の自由です。

夫婦の自由ではあるのですが、年金が増える側は黙っていないでしょうし、年金が減る側は黙っているでしょう。つまり、夫婦の自由だとはいえ、実質的には年金が増える側の自由です。

年金分割には2種類あり、夫婦の年金記録を合算して、最大で半分までの分割範囲からどのくらいで分割するか夫婦で決める合意分割と、強制的に半分に分割される3号分割があります。

恐らく、年金分割すれば自動的に年金が半分だと思ってしまう原因は、強制的に分割される3号分割にありそうです。確かに3号分割では、相手の同意を得ずに厚生年金や共済年金を半分に分割可能です。

3号分割の対象期間は、夫婦の一方が厚生年金や共済年金に加入、他方が扶養されていた期間なので、扶養されていた側に年金の納付記録はなく、扶養していた側の納付記録から扶養されていた側に半分が移動します。

それでも、対象は厚生年金や共済年金に限られており、国民年金には影響しませんし、3号分割でも申請なしで自動的には分割されない扱いです。

年金は受給資格がないと受給できない

国民年金(老齢基礎年金)には一定の受給資格があり、65歳に達するまで受給できませんし、25年間(平成29年4月から10年間に短縮予定)の納付期間が必要です。

厚生年金(老齢厚生年金)や共済年金(退職共済年金)も、国民年金の受給資格を満たさなければ受給できません(特別支給を除く)。

離婚時に年金分割をしたところで、年金を受給できる年齢に達するまでは何の影響もなく、年金を受給できるようになると、分割した結果で老齢厚生年金(退職共済年金)が増減して支給されます。

この点も非常に誤解が多く、年金分割をしても分割した部分をすぐに現金で受け取れないと覚えておきましょう。年金分割とは、年金の給付金を分割するのではなく、年金の納付記録を分割する制度です。

したがって、年金分割で年金が増える側は、実際の納付額よりも多く納付した扱いに変わり、年金分割で年金が減る側は、納付記録の一部を相手に渡すので、実際の納付額よりも少なく納付した扱いに変わります。

もちろん、現在受給している人は、翌月以降に年金分割の結果が反映されます。これは、過去の年金納付記録が操作されて、翌月から受給額が変わるからです。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0